事業スキーム

市場分析の概要

ハリウッドが1本の映画の制作に数十億から数百億の資金を調達し制作している現状に比べ、日本の映画制作は1億円未満の予算がほとんどです。これは日本で現在主流の制作委員会形式の限界とも言えます。 コンテンツがグローバルに展開する時代となった今、新な制作スキームが必要とされていると我々は考えます。

ファイズのマネージメントシステム

製作委員会の良さを活かしたプロジェクトマネージメント

資本参加者が興行収益の分配とそれぞれのマーケットにおけるライセンス商品展開の両方を行うことでリスクをヘッジするのが利点。

ライセンス供与以外の、聖地化などのマーケット動向を取り入れた製作委員会参加方法を提案し、今まであまりコンテンツビジネスに関係のなかった業界へ広くアプローチを行います。

ファンド組成等の資本参加スキームの構築

  • ハリウッドで主流の金融業や資本家が参加し収益を分配するモデルを積極的に取り入れます。
  • 海外市場への展開を前提とし、積極的に海外からの投資を募集します。

戦略と実行方法

  • 作品の選定、著者・原作者との交渉
  • 著作権等法的調査及び関係者への交渉
  • 作品の展開を検討、企画およびマーケティング戦略立案
  • 製作スキームの構築、プロジェクト予算案の作成
  • 資金調達スキームの検討
  • 営業活動
  • 製作進行管理
  • 広報支援活動、プロモーション